アポクリン

提供: Vikipedia
ナビゲーションに移動 検索に移動
「アポクリン」
ヨモギのシングル
リリース 2015年9月11日
規格 MP3形式(128kbps)
ジャンル J-POP
時間 4分36秒
作詞・作曲 エルティー
ボーカル ヨモギ

アポクリンは2015年に発表予定の下ネタアーティストヨモギによる通産14枚目シングル曲である。
バンド「BUMP OF CHICKEN」のシングル「ハルジオン」をサンプリングしている。

曲(リンクより試聴可能)

アポクリン

歌詞

ワキが湿ってた
手を開いたら乾いてた
股間のジョウロをぶらさげて 立ち尽くした昼下がり
名前があったなぁ
黄ばんでむせ返る鼻
風呂場の外れで
忘れられた様に泣いてた

脇汗で霞んでいく
意識の中ただひとつ
思い出せる
忘れられたままの鼻

いつだったっけなぁ
脇を濡らしたあの日も
滲んだシャツの中で
滲まずに香ってた
いつだったっけなぁ
自分に嘘をついた日も
正しいリズムで
風と唄う様に匂ってた

いつの日も
ふと気付けば
僕のすぐそばで
どんな時も黄色いまま
匂ってた
誰のタメ?脇のタメ?

生きていく意味を失くした時
むちぼの価値を忘れた時
ほら見える匂うひどい鼻
ただひとつ思い出せる
折れる事なく歌う

動画作ってた
一度歌ってみたかった
大人になったら
鼻が腐り落ちる脇と汗
ところが僕らは
気付かずに匂い返してる
大人になっても
脇を濡らしては二度も嗅ぐ

幾つものワキガを
通り過ぎた人に問う
君の鼻腐らすモノは何?
その人は?その部位は?

鼻ならどこかに落としてきた
むちぼと遙かな距離を置いた
ほら今も匂う臭いワキ
僕は気付かなかった
人も部位も知っていた

脇を開いてた
いつしか花は枯れていた
視界にあるのは
数えきれない屍だけ
大事な節子が
音も立てずに死んでた
股間のジョウロが
涙で満ちてった

まだ

動画作ってる
すがる様に繰り返してる
外出れないって事も
知りながら脇伸ばす
名前があったなぁ
黄ばんでむせ返る鼻
嗅いで解ったよ
あれは僕のタメ匂ってた

気付くのが遅くて
うなだれたむちぼんが
捕らえたのは脇だまりの中の
小さな毛新しい毛

生きていく意味と
また出会えた
ワキ毛の価値が
今生まれた

嗅いでも嗅げない鼻が死ぬ
鼻の奥に深く根を張る

ほら今も匂う臭いワキ
僕は気付かなかった
忘れられていた名前
鼻の奥で匂うなら
消える事なく続く
揺るぎないトラウマだろ


ヨモギの楽曲
脇色('15/6/19) - バイオテロ('15/6/19) - ワキガのむちぼ('15/6/19) - めぐるワキガ('15/6/23) - ワッキーガ('15/6/30) - ワキクサイオン('15/7/10) - ワキガマーチ WAKIGA☆KUSAI☆MARCH('15/7/10) - わきがバイバイ('15/7/27) - ワキガBAN('15/8/4) - 無理やろ普通に('15/8/13) - 全裸で歌ってます('15/8/14) - アタシサクランボ('15/8/14) - むちぼ以外ワキガじゃないの('15/8/24) - アポクリン('15/9/11)- ワキ払いのバラッド('15/11/25) - とんでもないや('16/11/24)