「喧嘩凸大戦」の版間の差分

提供: Vikipedia
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
15行目: 15行目:
 
  |}}
 
  |}}
  
'''喧嘩凸大戦'''(けんかとつたいせん)は2020年に[[Twitter]]上で行われている[[とつげき東北界隈]]と[[喧嘩凸界隈]]による一連の軍事衝突である。
+
'''喧嘩凸大戦'''(けんかとつたいせん)は2020年に[[Twitter]]上で行われている[[とつげき東北界隈]]と[[マウンティング戦争]]による一連の軍事衝突である。
  
  

2020年2月14日 (金) 18:49時点における版

喧嘩凸大戦
年月日:2020年初頭
場所Twitterツイキャス
結果:未定  
交戦勢力
とつげき東北界隈 喧嘩凸界隈  
指導者・指揮官
とつげき東北
気楽に生きよう
ボルボラ
アールペコ
ンゴちゃん
ローストビーフ
哀川翔
まりも
YP
戦力
約2500~3500レス 約2000~2300レス  
魚群戦争
拓也軍団による魚群スレ侵攻 - コテ雑軍による拓也スレ侵攻

喧嘩凸大戦(けんかとつたいせん)は2020年にTwitter上で行われているとつげき東北界隈マウンティング戦争による一連の軍事衝突である。


【重要】
この記事はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

背景

2020年初頭。喧嘩凸界隈はかつてない危機に瀕していた。
主戦派筆頭格として絶大な影響力を誇示したおでん将軍のTwitterアカウントが突如として凍結されてしまい、彼の指揮下に置かれていた直属部隊は壊滅的な打撃を被った。それを好機と捉えた敵対組織の棟梁とつげき東北(以下東北と表記)は腹心の一人である気楽に生きように総攻撃を下令。気楽に生きよう率いる7万6千の強襲部隊は闇夜に紛れて兵を進め、敵主力部隊が潜伏するおーぷんVIPに夜襲を敢行した。高学歴の凸東ユーゲントを惜しみなく投入する物量作戦を前にして喧嘩凸界隈の防衛システムは為す術なく瓦解。堅牢を誇ったさとるのおーぷん2ch要塞は僅か数時間で陥落した。
戦後の掃討戦は熾烈を極め、喧嘩凸界隈は総兵力の8割を喪失するに至った。灰燼に帰したVIP要塞に進駐した気●に生きようは「現役東大生の学歴の前では全て無意味」「日本最高峰の【知性】を崇めよ」をはじめとする雄叫びを上げながら学歴マウンティングに終始。逃げ惑う喧嘩師を学歴で処刑するなど暴虐非道の限りを尽くした。しかし"人としてあるべき倫理観"を著しく逸脱した気●に生きようの狼藉は東北軍内部の反感を買うに至る。国際法に抵触する残虐な捕虜の扱いに辟易した副官アシベ氏に道徳の大切さを諭されながら名残惜しそうにTwitterへと帰還した。


この惨状にひときわ危機感を抱いたのは高●●●●●●ン(以下ンゴちゃんと表記)であった。喧嘩凸界隈における若き俊英として徐々に頭角を表しつつあった彼にとって、ベテラン喧嘩師として名声を博したおでんの憤死は看過できるものではなかった。そして永井均の高潔な哲学に一目惚れしていた彼にとって、哲学を愚弄する東北独自の思想は不愉快極まりないものであった。ンゴちゃんはとつげき東北勢力の撃滅戦を主眼に据えた武装蜂起を決断し、戦禍をいきのびたシュタインやエンドロールらと戦略を練り上げた。

戦況

おでんの死から10日後。ンゴちゃんは首都中心部に建立された礼拝堂にジハードの御旗を掲げた。朱色に塗り固められた旗の掲揚は「血の報復」を意味しており、徹底抗戦の意志を内外に示す象徴的な役割を果たした。組織的抵抗を諦め、Twitter各所でゲリラ活動に身を投じていた喧嘩師の残党はンゴちゃん率いる喧嘩師連合軍の元に続々と集結した。再開を果たした喧嘩師の面々は熱い抱擁と接吻を交わし、つかの間の悦びを味わった。
ンゴちゃんは軍議を開き、百戦錬磨の諸将に助言を求めた。自宅警備の傍らネット議論に興じてきた経験を持つ哀川翔は短期決戦の必要性を唱え、長期戦を志向するローストビーフと激論を繰り広げた。白熱する議論は夜を徹して行われたが、PCに張り付きながら罵声を浴びせかける哀川に嫁が激怒。罰として小遣い9割減に処された哀川翔は志半ばで非業の死を遂げた(哀川の屈辱)。


一方、ンゴちゃん挙兵の報告を受けた東北陣営は迅速に討伐軍を編成。ボルボラ元帥とアールペコ中将を指揮官とした一個師団の兵を出陣させた。実戦経験に乏しいアールペコを差し向けた判断に気楽に生きようは一抹の不安を覚えたが、かねてより心酔する東北氏に異議を唱えることは躊躇われた。さらに当時最先端のレスバ術を会得していた精強なボルボラ騎兵団の存在は、気楽に生きようの懸念を払拭させるには十分であった。


2020年2月。両軍はYP(弱いピー)のツイキャス枠で対峙した。鶴翼の陣を敷いた東北軍に対し、連携の覚束ないンゴちゃん軍は脱走兵が続出。ンゴちゃん軍の惨めな敗北は火を見るより明らかであった……。


ーーーその瞬間!上空から一人の男が颯爽と舞い降りた!スレイマン一世と名乗るその男は「喧嘩は駄目だぞ」と言い放つと腰振りダンスを見せ付けながらおもむろにハローワークのURLを貼り付けた!急にバカバカしくなった両軍の兵士たちは職探しに性を出してこの世に平和が訪れた。


ーーーと思われたがそんなことは無かった。スレイマンは雨あられの銃撃を浴びながら母校であるメルカリ大学学歴詐称学部へと戻っていった。vikiの記事を書くためにノンストップで筆を走らせていたスレ様のモチベーションは急激に低下し、この記事の文章執筆やら何やらが面倒くさいくなった。
だがスレ様の犠牲は無駄ではなかった!気楽に生きようの学歴詐称を見破ってみせたのである!気楽に生きようは学歴マウントのためにメルカリで入手した学生証を東北信者に拡散!3000人近くのフォロワーを獲得しつつnotoへと誘導!無料記事で固定ファンを囲い込みつつ段階的に有料化!ガッポガッポと大儲け……というわけである!スレイマンの鋭い慧眼によって突破口を開いた喧嘩凸界隈はかつてないほどの高揚感に包まれた!ンゴちゃんの士気は10ポイント上昇した!めちゃくそ鼓舞された!


スレイマンの勇気ある行動に奮起した喧嘩凸軍はエース格のまりもを先陣としたバンザイ斬り込み作戦を考案。制止するシュタインを尻目に即座に実行!まりもは長年の無職生活に終止符を打つために栄誉ある死に場所を探し求めていたのである!まりもは腰にぶら下げたサーベルを悠然と引き抜くと、『ただいまを以て消えます。こんな弱い俺に親切にして,居なくならないでと言ってくれた人たちのことは忘れません。その期待にさえ応えられず,こんなことになってしまって申し訳ありませんでした』というくっさい捨て台詞を遺しつつ敵陣に消えていった。推定120㎏の巨体をユッサユッサと揺らしながら次々と被論破の辱めを受けるまりもを眼前にして、密かに敬愛の念を寄せていたエンドロールは大きなショックを受ける。しかしながら、「嗤う。嗤う。」と叫びながら勇猛果敢に戦う姿に一同は深く感銘を受けた。
一時期は憔悴していたンゴちゃん以下100名余の喧嘩凸軍は、まりもちゃんの壮絶な殉死を見届けると敵軍に重砲火爆撃を開始。乱戦の末にボラボラとア●ルペコの両雄を捕縛した。ボ●ボラは泰然とした態度で「クッ殺せ!」と女騎士みたいな云々を叫んだがこのあとめちゃくちゃレ●プされた後に斬首された。ア●ルペコはローストビーフの慰安婦として徴用された。


歴史的な惨敗を喫した東北陣営は激しく狼狽した。これまで軽蔑の対象として見下してきた低学歴の集団に自軍が包囲殲滅された事実を受け入れられず、発狂する者が続出した。事態を重く見た東北はプログラミングによって今は亡き"霊な"(故れいなの幽霊)を召喚。大川隆法を思わせる【理系的手法】によって真実の究明を急いだ。彼女の口から矢継ぎ早に放たれる"霊言"の数々は、東北陣営の幹部に多くの示唆を与えた。
その後慣例に則りボ●ボラの二階級特進が進言されたが、怒りに震える東北が許すはずも無かった。"霊な"は哲学的思考に拘泥していたボ●ボラの論法を"文系的"と唾棄することで、敗戦の責任を擦り付けた。東北は哲学に傾倒した組織の腐敗を嘆き、理系的メカニズムに立脚された抜本的改革に着手する方針を固めた。"霊な"は東北軍の参謀として指揮系統の中枢に迎え入れられた。(※編集途中※)