「哀川翔」の版間の差分

提供: Vikipedia
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
23行目: 23行目:
 
"庶民派ネトウヨ"を名乗り、政治経済の話題に花を咲かせている。思想的には中道右派に分類され、ノーランチャートにおける古典的自由主義に近い。山本太郎アンチであり、彼が主張するMMT理論の妥当性に疑問を投げかけている(編集部注※ 筆者もウィキペディアやYouTube等の各種文献資料を精査した結果同じ結論に達した。自称リバタリアンの筆者は"大きな政府"を推進する政策に対して常に懐疑的な見解を崩さない。デフォルトのリスクが極端に低い自国通貨建て国債を無尽蔵に擦りまくり、任意のインフレターゲットを達成させる。そこまでは良かろう。問題はその後である。インフレを適度に抑制させるために段階的な政府機構の縮減(≒公共事業や公務員の削減)を目指すらしいのだが、実現性を考慮すれば困難と言わざるを得ない。数年前に橋下大阪市長が地方自治体で直面したあまりにも高い障壁が如実に物語っている。地方自治体であれほど手間取った施策(志向性)を果たして国家レベルで再現できようか。一度煩雑化され、利権と癒着の甘い汁が骨の髄まで染み込んだ政府を縮小させることは容易ではないのである。筆者自身もミルトン・フリードマンの著作(を平易に解説したブログ)をいくらか読んだことがあるのだが、やはりケインズに毒されたリベラル論者の政策はハッタリばかりである。その信念がより一層深まった。我が国の疲弊した経済を救うのはむしろ徹底した規制緩和である。とくに硬直化した労働市場を流動化させる解雇規制の緩和は急務と言えよう。市場における潜在需要を喚起しなければ我が国の将来は危うい。数十年後の未来を見据えた勇気ある決断が永田町の政治家には求められる)。<br>
 
"庶民派ネトウヨ"を名乗り、政治経済の話題に花を咲かせている。思想的には中道右派に分類され、ノーランチャートにおける古典的自由主義に近い。山本太郎アンチであり、彼が主張するMMT理論の妥当性に疑問を投げかけている(編集部注※ 筆者もウィキペディアやYouTube等の各種文献資料を精査した結果同じ結論に達した。自称リバタリアンの筆者は"大きな政府"を推進する政策に対して常に懐疑的な見解を崩さない。デフォルトのリスクが極端に低い自国通貨建て国債を無尽蔵に擦りまくり、任意のインフレターゲットを達成させる。そこまでは良かろう。問題はその後である。インフレを適度に抑制させるために段階的な政府機構の縮減(≒公共事業や公務員の削減)を目指すらしいのだが、実現性を考慮すれば困難と言わざるを得ない。数年前に橋下大阪市長が地方自治体で直面したあまりにも高い障壁が如実に物語っている。地方自治体であれほど手間取った施策(志向性)を果たして国家レベルで再現できようか。一度煩雑化され、利権と癒着の甘い汁が骨の髄まで染み込んだ政府を縮小させることは容易ではないのである。筆者自身もミルトン・フリードマンの著作(を平易に解説したブログ)をいくらか読んだことがあるのだが、やはりケインズに毒されたリベラル論者の政策はハッタリばかりである。その信念がより一層深まった。我が国の疲弊した経済を救うのはむしろ徹底した規制緩和である。とくに硬直化した労働市場を流動化させる解雇規制の緩和は急務と言えよう。市場における潜在需要を喚起しなければ我が国の将来は危うい。数十年後の未来を見据えた勇気ある決断が永田町の政治家には求められる)。<br>
  
なお、当記事の執筆者である[[スレイマン一世]]のちょっと暴走気味の紹介文にうんざりして他の喧嘩凸者と共に事実に則する真面目な文言を上梓するよう修整を促した(スレブスつまらんしきめえんじゃボケ宣言)。「あいつ正直滑ってるよな」「訂正するなら最初からやるなよ」「ガチでつまらないから●んでほしい」という辛辣な意見の数々はスレイマン一世の脆弱なメンタルに重大な損失をもたらした。スレイマンはきめえんじゃボケ宣言を受諾。スレブス陰口連盟は「まあ今日のところは許してやるかぁ」と吐き捨てスレイマン一世と講和条約を締結した。哀川とスレイマンは報道陣の前で固い握手を交わし、喧嘩凸界隈に平和が訪れた。
+
なお、当記事の執筆者である[[スレイマン一世]]のちょっと暴走気味の紹介文にうんざりした他の喧嘩凸者と共に事実に則する真面目な文言を上梓するよう修整を促した(スレブスつまらんしきめえんじゃボケ宣言)。「あいつ正直滑ってるよな」「訂正するなら最初からやるなよ」「ガチでつまらないから●んでほしい」という辛辣な意見の数々はスレイマン一世の脆弱なメンタルに重大な損失をもたらした。スレイマンはきめえんじゃボケ宣言を受諾。スレブス陰口連盟は「まあ今日のところは許してやるかぁ」と吐き捨てスレイマン一世と講和条約を締結した。哀川とスレイマンは報道陣の前で固い握手を交わし、喧嘩凸界隈に平和が訪れた。
  
 
== 人物 ==
 
== 人物 ==

2020年2月13日 (木) 08:01時点における版

基本情報  
コテハン名 哀川翔  
愛称 おっさん  
レスの属性 議論  
活動開始時期 1994年  
出身板 ツイキャス  
レーティング
1.00
(1 票)

哀川翔(あいかわしょう)はツイキャスで活躍している喧嘩凸者である。喧嘩凸大戦で壮絶な戦死を遂げた(その後復活)。

概要

古参喧嘩凸者。当代屈指の議論力を誇る。
2016年花屋さん主催喧嘩凸大会優勝、初代喧王決定戦準優勝。

"庶民派ネトウヨ"を名乗り、政治経済の話題に花を咲かせている。思想的には中道右派に分類され、ノーランチャートにおける古典的自由主義に近い。山本太郎アンチであり、彼が主張するMMT理論の妥当性に疑問を投げかけている(編集部注※ 筆者もウィキペディアやYouTube等の各種文献資料を精査した結果同じ結論に達した。自称リバタリアンの筆者は"大きな政府"を推進する政策に対して常に懐疑的な見解を崩さない。デフォルトのリスクが極端に低い自国通貨建て国債を無尽蔵に擦りまくり、任意のインフレターゲットを達成させる。そこまでは良かろう。問題はその後である。インフレを適度に抑制させるために段階的な政府機構の縮減(≒公共事業や公務員の削減)を目指すらしいのだが、実現性を考慮すれば困難と言わざるを得ない。数年前に橋下大阪市長が地方自治体で直面したあまりにも高い障壁が如実に物語っている。地方自治体であれほど手間取った施策(志向性)を果たして国家レベルで再現できようか。一度煩雑化され、利権と癒着の甘い汁が骨の髄まで染み込んだ政府を縮小させることは容易ではないのである。筆者自身もミルトン・フリードマンの著作(を平易に解説したブログ)をいくらか読んだことがあるのだが、やはりケインズに毒されたリベラル論者の政策はハッタリばかりである。その信念がより一層深まった。我が国の疲弊した経済を救うのはむしろ徹底した規制緩和である。とくに硬直化した労働市場を流動化させる解雇規制の緩和は急務と言えよう。市場における潜在需要を喚起しなければ我が国の将来は危うい。数十年後の未来を見据えた勇気ある決断が永田町の政治家には求められる)。

なお、当記事の執筆者であるスレイマン一世のちょっと暴走気味の紹介文にうんざりした他の喧嘩凸者と共に事実に則する真面目な文言を上梓するよう修整を促した(スレブスつまらんしきめえんじゃボケ宣言)。「あいつ正直滑ってるよな」「訂正するなら最初からやるなよ」「ガチでつまらないから●んでほしい」という辛辣な意見の数々はスレイマン一世の脆弱なメンタルに重大な損失をもたらした。スレイマンはきめえんじゃボケ宣言を受諾。スレブス陰口連盟は「まあ今日のところは許してやるかぁ」と吐き捨てスレイマン一世と講和条約を締結した。哀川とスレイマンは報道陣の前で固い握手を交わし、喧嘩凸界隈に平和が訪れた。

人物

ネトウヨを自称しているが実は習近平主席の大ファンである。くまのプーさんのぬいぐるみを部屋に持ち込みラブドールの如く溺愛している。1LDKのアパートに同居する家族には疎んじられているが性癖ばかりはどうしようもないと哀情を語っている。
安倍政権の打倒を至上命題に掲げる庶民派パヨクとしての顔をもつ。プロレタリアート革命の成就を夢見て新聞赤旗を購読していた時期もあったが、あまりの知名度の低さに絶望して朝日新聞に切り替えた。《質問!ドラえもん!》のコーナーを毎朝の楽しみにしている。

アメリカ大統領ごっこと称して「このボタン(核発射ボタン)を押せる覚悟のある者だけが大統領になれるのだ!」と奇声を上げながらPCのエンターキーをポチポチするのがマイブームである。その様子を遠巻きに眺めたスレイマン一世は『あの者は若い。しかしその瞳には燃え滾る保守の魂を宿している』と惜しみない称賛の言葉を送った。
愛読書はテコンダー朴。ラブライブの推しメンは南ことり。

なお、2020年現在ではスレカス親衛隊の急先鋒として軍団絶対主義の啓蒙活動に身を投じている。