「ルサンチマン紛争」の版間の差分

提供: Vikipedia
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
20行目: 20行目:
 
しかし順風満帆なシュタインの日々に突如として悲劇が舞い降りる。喧嘩凸界隈の非モテ代表としてルサンチマンを燻ぶらせていたほともとの妨害である。学歴コンプに悩まされていた高卒の彼にとって、有名私立大学への入学を志すシュタインは憎悪の対象として認識されていた。ほともとはシュタインの学業成就を食い止めるため、自身が統括するツイキャス枠に総司令部を設置。国の総力を挙げた殲滅戦を決意する。
 
しかし順風満帆なシュタインの日々に突如として悲劇が舞い降りる。喧嘩凸界隈の非モテ代表としてルサンチマンを燻ぶらせていたほともとの妨害である。学歴コンプに悩まされていた高卒の彼にとって、有名私立大学への入学を志すシュタインは憎悪の対象として認識されていた。ほともとはシュタインの学業成就を食い止めるため、自身が統括するツイキャス枠に総司令部を設置。国の総力を挙げた殲滅戦を決意する。
  
その後諜報部から提供された情報を元にして司令部は征討軍を編成。数ヶ月前に建造されたばかりの戦略空母「ホットモット」を主力に据えた海軍第七艦隊、及び7万8千の陸軍部隊に機動的侵攻作戦を発動させた。敵勢力の勉強機能喪失を主眼に置かれた軍事行動にはほともとの強い希望が反映され、「赤本の滅却」「電車の遅延」「下痢の誘発」をはじめとした無意味な作戦目標が多数織り込まれた。さらに直線距離で5千キロ以上の行軍が要求される無謀な作戦要綱に現場からは疑問の声が噴出し、空母「ホットモット」の提督コラコラ元帥は『低学歴の嫉妬乙』などの苦言を呈した。
+
その後諜報部から提供された情報を元にして司令部は征討軍を編成。数ヶ月前に建造されたばかりの戦略空母「ホットモット」を主力に据えた海軍第七艦隊、及び7万8千の陸軍部隊に機動的侵攻作戦を発動させた。敵勢力の勉強機能喪失を主眼に置かれた軍事行動にはほともとの強い希望が反映され、「単語帳の滅却」「電車の遅延」「下痢の誘発」をはじめとした無意味な作戦目標が多数織り込まれた。さらに直線距離で5千キロ以上の行軍が要求される無謀な作戦要綱に現場からは疑問の声が噴出し、空母「ホットモット」の提督コラコラ元帥は『低学歴の嫉妬乙』などの苦言を呈した。
  
 
2月18日。ほともと率いる遠征軍は、シュタイン領内のツイキャス枠を攻撃。ここにルサンチマン戦争の火蓋が切って落とされた。
 
2月18日。ほともと率いる遠征軍は、シュタイン領内のツイキャス枠を攻撃。ここにルサンチマン戦争の火蓋が切って落とされた。
  
 
== 戦況 ==
 
== 戦況 ==

2020年2月14日 (金) 19:02時点における最新版

ルサンチマン紛争
年月日:2020年2月〜
場所:ツイキャス各所
結果:未定  
交戦勢力
シュタイン ほともと
戦力
シュタイン親衛隊 戦略空母ホットモット  
損害
未定 未定

ルサンチマン紛争(るさんちまんふんそう)は、2020年にツイキャス上で勃発した大規模紛争である。

背景

喧嘩凸界隈の重鎮として永らく君臨していたシュタインは、目前に迫りくる大学入試を喧嘩師人生の集大成として位置付けていた。裕福な家庭から惜しみなく投入される金銭的援助の恩恵を受けながら受験勉強に励む彼にとって、第一志望への合格は難なくこなせるミッションのはずだった。

しかし順風満帆なシュタインの日々に突如として悲劇が舞い降りる。喧嘩凸界隈の非モテ代表としてルサンチマンを燻ぶらせていたほともとの妨害である。学歴コンプに悩まされていた高卒の彼にとって、有名私立大学への入学を志すシュタインは憎悪の対象として認識されていた。ほともとはシュタインの学業成就を食い止めるため、自身が統括するツイキャス枠に総司令部を設置。国の総力を挙げた殲滅戦を決意する。

その後諜報部から提供された情報を元にして司令部は征討軍を編成。数ヶ月前に建造されたばかりの戦略空母「ホットモット」を主力に据えた海軍第七艦隊、及び7万8千の陸軍部隊に機動的侵攻作戦を発動させた。敵勢力の勉強機能喪失を主眼に置かれた軍事行動にはほともとの強い希望が反映され、「単語帳の滅却」「電車の遅延」「下痢の誘発」をはじめとした無意味な作戦目標が多数織り込まれた。さらに直線距離で5千キロ以上の行軍が要求される無謀な作戦要綱に現場からは疑問の声が噴出し、空母「ホットモット」の提督コラコラ元帥は『低学歴の嫉妬乙』などの苦言を呈した。

2月18日。ほともと率いる遠征軍は、シュタイン領内のツイキャス枠を攻撃。ここにルサンチマン戦争の火蓋が切って落とされた。

戦況