第二次パン板侵略

提供: Vikipedia
ナビゲーションに移動 検索に移動
 反抗の牙軍団によるパン板侵略
年月日:2016年10月10日
場所パン板(おーぷん)
結果反抗の牙軍団の勝利  
交戦勢力
反抗の牙軍団 おんJパン板駐留部隊  
指導者・指揮官
反抗の牙 不明
戦力
永遠の1Hzスレイマン一世 名無し  
損害
無し パン板の汚染  
パン板戦争
パン板侵略 - パン板侵略2時間戦争 - 第二次パン板侵略 - パン板の決戦 - 第四次パン板侵略 - アルティメット戦争

第二次パン板侵略(だいにじぱんばんしんりゃく)とは、反抗の牙軍団のパン板侵略である。[1]

開戦前の状況

開戦前、反抗の牙軍団のスレではおんJの植民地を侵略しよう!という考えが多くなっていた。 そしてスレイマン一世がパン板侵略を提案し、それにメンバーが賛同したため スレイマン一世主導のパン板侵略作戦が始まることとなる。

侵略の概要

パン板侵略部隊を作った反抗の牙軍団は、一斉にスレ乱立を行った。この追突なスレ乱立におんJは対抗することができなかった。 そしてスレ乱立を終えたパン板侵略部隊は、おんJに宣戦布告スレを立て勝利した。

侵略後の動向

侵略を終えた後はおんJのしつこい粘着荒らしをうけてしまう。 この荒らしにより反抗の牙が主催するおーぷんコテハン雑学王決定戦などに被害がでてしまった。
この侵略の翌日、反抗の牙軍団反抗の牙軍団メンバー連続脱退事件で滅んでしまった。
支配する者がいなくなり荒れ果てたパン板を我が物にしようと安富パーキングがパン板に侵略パン板の決戦が始まる。


注釈