川端康成のコピペ

提供: Vikipedia
ナビゲーションに移動 検索に移動

川端康成のコピペ(かわばたやすなりのこぴぺ)は、2008年9月15日に成立したニュース速報VIP板のコテハン、美香のコピペ。川端康成は日本の著名な小説家であり、無論川端自身が創作したものではないが、コピペのテーマが川端康成の著作「雪国」であったために、一般的にこのような名称で呼ばれる。

原文

103 :美香(東京都):2008/09/15(月) 10:23:38.24 ID:4M2IYIFz0
    ∋*ノノノ ヽ*∈ 
    川´・ω・`川 多分ここの低能どもは、川端康成の書いたものでも
              同じように的外れな煽りするんだろうね(w
294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(長屋):2008/09/15(月) 11:28:56.01 ID:P7tCms620
    嘘のように多い星は、見上げていると虚しい速さで落ちつつあると思われるほど、あざやかに浮き出ていた。
    星の群が目へ近づいて来るにつれて、空はいよいよ遠く夜の色を深めた。

    どうでしょ
302 :美香(東京都):2008/09/15(月) 11:32:02.40 ID:4M2IYIFz0
    >>294
    ∋*ノノノ ヽ*∈
     川´・ω・`川 嘘のように、というのが陳腐。
              虚しい速度って何。
               星の群が目へ近づいてくる~も意味不明。
304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(長屋):2008/09/15(月) 11:33:31.77 ID:P7tCms620
    >>302
    川端康成 (雪国より抜粋)

解説

2008年の固定ハンドルである美香は主に名無しとの煽り合いを主軸に活動しており、当時はしばしば多岐にわたる話題でVIP全体に対しての挑発や煽りを繰り返していた。

2008年9月15日に美香自らが立てたスレッド「文才でVIPPERが1に勝つのは不可能ッッッッッッッッッッ!!」では[1]、VIP板の住民に対して文章力の面で挑発を行っていた。その中で川端康成について言及した際、罠(いわゆる引っ掛け)によって自ら川端康成についての知識が乏しい事を露呈する結果となったのが上記のコピペである。

これ以降、美香が現れた際にはこのコピペが貼られるのが恒例となっている。

美香側の反論

なお、このコピペの続きには下記の様なものがある。

335 :美香(東京都)[じょうだんだもっ♪sage]:2008/09/15(月) 11:46:00.04 ID:4M2IYIFz0
    ∋*ノノノ ヽ*∈ 
     川´・ω・`川 それが川端康成(笑)の文章だってうちは知ってたんだけどね。 
348 :美香(東京都)[じょうだんだもっ♪sage]:2008/09/15(月) 11:48:13.71 ID:4M2IYIFz0
    >>345
    ∋*ノノノ ヽ*∈
     川´・ω・`川 うちは文豪だろうが何だろうが、
              自分でおかしい、これは下手、という部分は指摘するのね。
               権威主義じゃないってこと。
360 :美香(東京都)[じょうだんだもっ♪sage]:2008/09/15(月) 11:52:24.78 ID:4M2IYIFz0
   >>354
   ∋*ノノノ ヽ*∈
    川´・ω・`川 VIPPERは川端康成なんて知らないでしょ。
             知らないで「思い込みで叩く」のと、
              知っていて「敢えて叩く」のと、
               まったく違うよ。
391 :美香(東京都)[じょうだんだもっ♪sage]:2008/09/15(月) 11:57:52.65 ID:4M2IYIFz0
    >>384
    ∋*ノノノ ヽ*∈
     川´・ω・`川 だって考えてもみなよ。
              うちが川端康成を引き合いに出しておいて、
               ひっかかると思う?
                考えればわかること。
413 :美香(東京都)[じょうだんだもっ♪sage]:2008/09/15(月) 12:00:34.83 ID:4M2IYIFz0
    >>393
    ∋*ノノノ ヽ*∈
     川´・ω・`川 だーかーらー!
               子供が「これひっかかったらおもしろいぞー」
                 ってやってるイタズラを「あ、それ○○でしょ」
                   と指摘して台無しにする大人は大人じゃないでしょ。

脚注

関連項目