スレイマン一世

提供: Vikipedia
移動先: 案内検索
基本情報  
コテハン名 スレイマン一世  
トリップ ◆SUREIMANMTBS  
愛称 スレカス、レイマン  
レスの属性 議論ネタ煽り  
活動開始時期 2014年夏頃  
出身板 ニュース速報VIP板
(おーぷん2ちゃんねる)  
主な出現スレ 新規コテと名無しを優遇する雑談スレ
第二次拓也軍団
金魚工業株式会社
経済・政治スレ  
Twitter @sureitinnko  
前コテハン 流浪のインキュベーター
八百屋  
前トリップ ◆CHRBzFw9nM  
レーティング
2.40
(10 票)

スレイマン一世(すれいまんいっせい)とは、おーぷん2ちゃんねるで活動しているコテハンである。

概要

おーぷん2chの代表的なネタ煽りコテの一人である。勢いを重視した短文の連続投稿を得意としており、自虐的なネタや軽度の煽りを織り交ぜつつ笑いを誘う。しかしその大半がスレ住民たちの失笑を買っており、タイミングを見計らって徐々に煽りの比重を高めていくのがお決まりのパターンである。

その一方で、かつては拓也軍団の総司令官を勤め、名無しに対して苛烈な煽りを繰り返していた。
しかし2015年9月の魚群戦争において拓也軍団の主力として奮戦するも、戦犯としての責任を問われ軍団を放逐されてしまう(拓也軍団幹部によるおんJ侵攻)。

その後しばらくの潜伏期間を挟んで再復活を遂げ、現在ではネタコテとして活躍中である。

人物

一定以上の経済学の知識を有し、自身を「リバタリアン」だと称してスレを立てたり、または名無しの関連スレに出没して積極的に議論を交わしたりしている。(下記参照)
そのためか経済学を議題とする論戦に絶対の自信をもち、カンナムスタイル会戦において本家コテのうらない京を論破するに至っている。

趣味は将棋を嗜んでいる。四間飛車をこよなく愛しているが、居飛車穴熊との致命的な相性の悪さに悪戦苦闘しているようである。

熱狂的な拓也信者としても有名であり、ことあるごとに拓也軍団の再興を訴えている。

一人称は『ぼかあ』、レスの語尾には『~ごん』と付けることが多い。

思想

国家観

功利主義的観点から自己所有権の保護を最優先課題に位置付ける、『帰結論的リバタリアン』である。必要最小限の課税からなる福祉政策を容認し、いわゆる「古典的自由主義」に属す。なお、無政府主義を標榜するアナーキズムは支持しない。
リバタリアンであるがゆえに、国家機構の縮減を良しとする傾向にあり、「国家は必要悪」だと主張する。特権階級をはじめとする権威を徹底的に非難しており、日本における皇族制度の廃止を主張したこともある。

経済観

政府による市場への介入を忌避する自由放任(レッセフェール)を唱える。一部の公共財を除く公営事業の徹底的な民営化を支持し、とくに教育機関に対するバウチャー券制度の導入を訴えている。
日本の労働市場に関してもリバタリアン的見地から指摘を行っている。解雇規制を緩和して労働市場を流動化させることによって、正規雇用が増加し、ブラック企業が淘汰されるとしている。
TPPは自由貿易推進の立場から支持している。その一方で、日本農業の法人を主体とした生産性の向上を重要課題として挙げている。
好きな経済学者はミルトン・フリードマンである。その一方で、ケインズ学派に対しては否定的な見解を崩していない。

コテハン論

かつて拓也が提唱していたアンチ・ノン・ネーミズム主義を理論的バックボーンに据えた、軍団絶対主義の思想をもつ。諸個人の多様性を排除することにより、包括的な軍団統治機構の確立を目指す。
名無しや馴れ合いコテの「固有安価権」と「自由レスリティ」を認めず、一方的な排斥の対象にしている。それはあらゆるネラー思想の源流が拓也軍団にあると断じているためであり、反拓也勢力の一切を認めない。
さらに、拓也軍団の基本方針であった名無しの駆逐を積年の悲願としており、拓也軍団主導によるおーぷん2chの管理者権限奪取を長期戦略として掲げる。

(編集途中)

主な実績 

流浪紛争を主導。(2015年)
連邦議会構想を発案。(2015年)
魚群戦争において拓也勢力の主戦力として奮戦(拓也軍団幹部によるおんJ侵攻)。(2015年)
スレイマン軍団を設立。(2016年)
おーぷんコテハン統一評議会を先導(2016年)。
ライオンゴロシの乱第二次拓也軍団勢力として参戦(2017年)。
カンナムスタイル会戦においてうらない京を論破(2018年)。

主な使用AA

(´・д・`)
(´ω`)