コテハンシンドローム

提供: Vikipedia
ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

インターネットの住民、ひときわおーぷんVIPで活動していたコテハン経験者に顕著に見られる症状であり、彼らが慢性的に抱える発達障害や人格障害、または後天的な精神疾患の通称である。
おーぷん2chで活動している人物には一般的な社会通念から著しく逸脱した諸々の症状が発現することが多く、その帰結として高校や大学からのドロップアウト、アウトロー(犯罪者)への没落、精神的な頽落が確認される。一般人が至極当たり前の常識として難なく内面化している行動規範や倫理観が欠落していることが多く、それゆえ社会から「精神異常者」の烙印を押されて排斥される。そして一般コミュニティーから隔絶された孤独感が蓄積して常軌を逸した奇行に足を踏み入れてしまう過ちも少なからず散見されており、社会通念に順応した品行方正な振る舞いに徹することは稀である。
しかしながら、彼らの多くは難関国立大学を卒業した秀才であり、知能的な問題は見られない。つまるところ、持ち前の論理的思考力と社会性の乖離がことあるごとに問題視されているのである。
また、2chの性質上インターネットからの脱却(俗に言う「ネット絶ち」)は困難を極める。そのため、インターネット依存に端を発する異常性の治療・寛解も至難の業である。