潜伏名無し

提供: Vikipedia
移動先: 案内検索

潜伏名無し(せんぷくななし)とは、2ちゃんねるのコテハンの界隈において使われる用語であり、煽り合いの手段の一つ。コテハンが名無し状態で書き込むことで潜伏し、相手に煽りや叩きなどの圧力をかける行為である。

概要

2ちゃんねる内のコテハンの中では名無し至上主義の考えを持つユーザは多く、しばしば名無しに叩かれているという正当性を主張するための手段として、コテハンがあえて名無しとして書き込み、煽りを行う。これによって戦いにおける優位性を確立するのが潜伏名無しの目的である。攻撃手段としては有効である反面、潜伏名無しである事が発覚するリスクや発覚後に叩きに遭う可能性は高いため、容易に用いるべきではないとされている。

また、日頃平和路線を通している馴れ合いコテなどは潜伏名無しを行う確率が高い。これは通常のハンドルネームのままで煽りや粘着行為を行った場合、固定ハンドルとしての評価が下がったり、馴れ合いコテとしての信頼を失うケースがあるからである。

脚注